スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34万の... 

昨日、夕方のニュース番組のなかの特集コーナーで、とある「動物愛護センター」の現状が伝えられていました.....。

毎日、毎日次々と収容されてくる多くの犬や猫達。。。

そして彼等、彼女達の新たなるパートナー(飼い主さん)をなんとか見つけようと奮闘するセンターの職員さんや獣医師さん達。(本当に動物に対する愛情を持った方達でした!)

しかしそれにも限界があり、救われる命はほんの一握り.....。

多くの彼等、彼女達は身勝手な人間(そのほとんどは元飼い主)の“やむをえない事情”で殺されるんだ。


極めつけは....

ある若夫婦(番組ではモザイクがかかっていましたが、推測するに20~30代)の御主人がセンターの窓口に愛犬(奴らにとってはこの時点ではもう愛犬ではないのかもしれないが...)を、なんと紙袋に入れて「引取ってもらえないか?」と来た。

センターの男性職員さんは「なんとか次の飼い主さんを見つけられないだろうか?そう簡単に引取る訳にもいかないのですよ!」と必死に説得してました。

一旦は引き下がった御主人.....

すると数分後、その女房が納得いかない様子でまたやってきた。

困った女性獣医師さんが
「新しい飼い主さんが見つからない場合は最悪“処分”ということにもなるのですが、それさえも承知していただけるのですか?」

「はい。」あっさりと答えたその女は、その“元愛犬”の名前を明るく「ココ!!」と呼びながら連れてきたよ。
僕には「ココ!(ここで死になさい。)」に聞こえた。。。

「ココ」は必死に足を踏ん張っていたけど.....自分の運命を悟ったのか、その部屋に入っていった。

その部屋に入った時から「5日間」という“命のカウントダウン”が始まる。。。


あの奥さんはあの「ガス室」のボタンを自分で押せるのかな....(平気で押せるかも.....。)



年間、34万頭だって。。。


コメント

こんばんわー。
この番組は観てませんが、とてもショックですよね・・・。
本当に人間って我侭で、自己中心的で・・・。
なんでこういう世の中なんですかね。残念です。

むかっ!

なんとも切ない話ですね。
犬を飼っている身としては何とも言えません。
最後の最後まで一緒に過ごせないのであれば最初から家族として迎えなければいいのに。
っていうかそんな連中は最初からそんな事を考えずに飼い出すんでしょうね。
「ココ」の新しい飼い主が見つかり(見つかって)ますように。

もんじろぅさん、こんにちは。

センターの職員さん達はこういう状況が少しでも改善していくようにと、小学校などをまわって子供達に命の大切さを教えていました。
その子達にはきっと伝わったことでしょう^^)

はいたかさん、こんにちは。

>っていうかそんな連中は最初からそんな事を考えずに飼い出すんでしょうね。
ほんとです、連中は犬や猫達をオモチャかアクセサリー位にしか思ってないのでしょうね...。
まったく嫌な奴らだ。

ココちゃんの表情が忘れられません。。。

ヤマグチ。さん、こんばんわ。
過去に自分のブログのコメントにも書いたんですけど、「動物はお前のアクセサリーじゃねぇぞ!」のひと言ですよね。
動物を飼うのなら、苦楽を共にし、その最期を看取る覚悟を持ってほしいです。
彼ら動物は、自らの生涯を自身で選ぶ事が出来ないんです。
だから動物を飼うと決めたのであれば、その一生涯を護るという責任を人間は果たさなければならない・・・。
そう僕は思っています。

こういう身勝手な飼い主を減らすには、もうペットを飼う事を免許制にでもして、場合によっては厳しいペナルティを与えるくらいにしないとダメなのでしょうかね?
食べ物を粗末にするだけでなく、生きている命すらも粗末にする愚かな人間が居る世の中では・・・。

ケルビムさん、ありがとうございます。

>場合によっては厳しいペナルティ
残念ですがそのとうりだと思います。
人々の良心やモラルだけに頼っていてはバランスが保てなくなってしまってるんですね、今の世の中は.....。

ん~

かつてあんなに流行っていたレトリバー
なんか、最近目にしなくなったよねv-409

タルさん、おはようございます。

シべりアン・ハスキーもそうですねぇー。流行があるのはある程度仕方ないですが、その度に無責任なブリーダーによって無責任な繁殖が行われてもいるようですね...。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yamaguchi55.blog89.fc2.com/tb.php/115-272d1865

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。